<< 春です!! | main | フリアリエッリ-Friarielle >>
2018.03.07 Wednesday

視察研修〜生産者見学会

昨日は、いつもお世話になっておりますシェフの方々6名様とうちの研修生サキちゃんと一緒に視察研修へ

 

まずは、徳島のいただきます農園さんへ(以前にも見学させていただきました。→)

ここのれんこんは、肉厚でホクホクしたとってもおいしいれんこんなんです。

一般的なれんこんは粘土質の土壌で育ったものがほとんどです。

 

しかし、ここのは砂地で育ったれんこんなんです。

 

吉野川の真下にある断層の岩石を削りながらできた川砂は、
小さい砂粒が何層にも分かれており、通気性、排水性、保水力
保肥力に優れています。

 

吉野川が育んだこの素晴らしい川砂と水、徳島の温暖な気候、
そしてなにより、農園主の細川真司くんの熱い思いが詰まったれんこん

ほんと、美味しいですよ!!

 

真司くん、お忙しい中貴重な時間をいただきありがとうございました。

わざわざ収穫まで見せていただきみんな喜んでましたよ〜

 

 

そして次は、僕も淡路島に来た頃に住んでいた倭文にある嶋本食品さんの豚舎で

イノブタを見学させていただきました。

淡路島産いのぶたとは、猪、黒豚、デュロック、ゴールデン神出との交配で、

淡路島産の飼料米と酒粕を餌に与え健康に育てられています。

 

 

これは生まれてまだ4日目の子だそうです。

とても小さく手のひらサイズ、まだ毛も柔らかでした。

 

 

生後6カ月以降は、抗生物質は一切投与していないそうです。

 

脂身の甘みが際立つとても美味しいお肉です。

生育期間も約10カ月と一般の豚よりも長く約110kgくらいで出荷されるそうです。

 

小松主任、お世話になりました。

シェフたちの色々な質問にも丁寧にご説明いただきありがとうございました。

いろいろと教えていただきたいへん勉強になりました。

 

 

そして、最後はお料理には無くてはならない器を見学に

Awabi ware あわびウェアの工房へお邪魔しました。

作家の岡本 純一 さんの話に熱心に耳を傾けるシェフの皆さん

 

 

岡本さんお忙しい中、貴重な時間をいただきありがとうございました。

 

ちょっとタイトなスケジュールでしたが、何とか予定通り視察研修会を終えることが出来ました。

やっぱり見学会良いですね〜

 

実際に現場を見て、生産者の生の声を聞いて、感じることがたくさんありました。

そして素晴らしい生産者の方々にお会いすることができて、私も生産者としていい刺激をいただきましたよ。

 

シェフの皆さん、お疲れ様でした。次回はうちの畑で〜

草引きお待ちしていますね〜(笑)

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
淡路島西洋野菜園ホームページ
http://awajishima-seiyoyasaien.org/
Links
天気予報
///////////////////////////////////////////
ブログパーツUL5
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM