<< Ristorante Carbonaia Albergo 〜 リストランテ カルボナイア アルベルゴ | main | DINING ROOM IN THE MAIKO 〜 ダイニングルームインザマイコ >>
2017.07.13 Thursday

光合成細菌 〜 photosynthetic bacteria

こんばんは、耕作人です。

 

今年の夏野菜は、今のところ順調です。

 

トマト、ナスは味、収穫量ともかなりいい感じです。

 

バターナッツやタイガーメロンも順調〜

 

ただスイートペッパー(ピーマン)類が昨年から出だした斑点細菌病にやられてます。

虫害よりも病害は厄介です。

まさに目に見えない恐怖、昨日まで元気だったのに急に、、、

なんてこともよくあります。

 

光合成細菌〜 photosynthetic bacteria

以下、現代農業より〜

 

湛水状態で有機物が多く、明るいところを好む嫌気性菌。べん毛で水中を活発に泳ぎまわり、土にも潜る。田んぼやドブくさいところに非常に多く、イネの根腐れを起こす硫化水素や悪臭のもとになるメルカプタンなど、作物に有害な物質をエサに高等植物なみの光合成を行なう(酸素は出さない)異色の細菌。一説によると、地球が硫化水素などに覆われていた数十億年前に光合成細菌やシアノバクテリア(酸素を出す)が現われ、現在の地球環境のもとをつくったそうだ。

環境を浄化する働きとともに、空中チッソを固定し、プロリンなどのアミノ酸や核酸のウラシル・シトシンをつくるため、作物に施用すると味をよくしたり土を肥沃にしたりする。赤い色が特徴だが、その元であるカロチン色素によって果実のツヤや着色をよくする効果もある。菌体にはタンパク質やビタミンも豊富で、家畜や魚のエサにすると、成育が早まったり、産卵率が上がったりする。

酵母菌やバチルス菌などの好気性菌と共生すると、相互に働きが活性化されるという作用があるのがおもしろい。ダイズの根につく根粒菌も光合成細菌と共生すると、活性が長く維持される。〜

 

「菌で菌を予防する」菌体防除。

作物の健康を保つように免疫機能を高めるために、菌に働いてもらう。

病気にならないように、自然にある菌を使って予防します。

 

光合成細菌ただいま培養中!!

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
淡路島西洋野菜園ホームページ
http://awajishima-seiyoyasaien.org/
Links
天気予報
///////////////////////////////////////////
ブログパーツUL5
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM