2016.08.19 Friday

雨が降らず苦戦していますが、良いことも〜

こんばんは、耕作人です。

 

朝夕は秋の気配が〜季節は確実に移り変わっていってますが、、、

淡路島は、雨が降らないんです。

 

畑は、カラッカラ〜

雨が少なくとっても甘くておいしかった今年のトマト。

シェフからは好評をいただいておりましたが、早くも終了!!

そして、頼みのナスやスイートペッパーは元気なく小さな実をつけております。

 

今年初登場、大好評のパープルトマティーヨも暑さと水不足で不調!!着果しません。

 

毎日できる限り水やりしてるのですが、まったく足りてません。

まさに焼石に水!!

 

そんな中、なななななぁ〜なんとキワノがたくさん実を付けてるんです!!!!!

キワノ KIWANO Jelly melon (和名 ツノニガウリ) 

ウリ科キュウリ属

原産地 アフリカ

 

黄色い表面にゴツゴツしたトゲを持つキワノ。
ウリ科の植物でキュウリの仲間で、『ツノニガウリ』や『ゼリーメロン』とも呼ばれます。

 

たまたま今年の猛暑と少雨がはまったみたいです。

国産のキワノは沖縄産がごく少量しか流通していません。

しかも、無農薬、無化学肥料栽培となる流通は皆無!!

超〜〜っ希少です!!

 

自家採取して、もちろん来年もチャレンジしますが、、

うまくいきますかどうかはお天道様のみが知っています〜自然の恵みに感謝!!

 

 

 

2016.07.14 Thursday

島の食卓〜淡路島オーガニックマーケット

こんばんは、耕作人です。

 

梅雨明けはまだですかね〜今年の淡路島は雨が多くて、野菜たちも辛そうです。

そんなジメジメした毎日ですが、明るいお知らせです。

 

島の食卓 淡路島オーガニックマーケット  始まります!!

 

淡路島でもオーガニックを目指す新規就農者が少しずつですが増えてきています。

マーケットはそんな若い方達が中心になって長く続けていけるようになればいいなあ、と思っています。

持続可能な農と暮らし。四季折々、海と大地のさまざまなめぐみの中で、農や漁の営みもその自然の循環に沿うものでありたい。

オーガニックの文化を生産者、加工・飲食などを提供する人から消費者まで、さまざまな立場の人が寄り集まって一緒に「島の食卓」を通じて育ていきます。

 

8月6日(土) 7:00 - 11:00

淡路島マンモス 〒656-2154 兵庫県 淡路市木曽下1267

出店者:
■農産物
あめつち農園
花岡農恵園
五色オーガニックファーマーズグループ
しまのかぜ農園
マンモス農園
自然農園 淡路島ビオ畑
海田農園
淡路島みかづき農園
平野農園
全力自然農園
淡路島西洋野菜園

■加工品
浜田自然食品[調味料ほか]
おのころ雫塩[塩]
CHIQ[天然酵母パン]

■料理人
神瀬聖『しょくのわ』
海田麻衣『CHIQ』[スープ&オープンサンド]

■その他
森のようちえん まんまる in 淡路島マンモス[こどもコーナー]
リコミンカ[古民家の紹介など移住を考える方への情報発信]

 

ぜひ遊びに来てくださいね〜

 

次回は11月5日(土) 8:00 - 12:00

島の食卓 2016秋

場所未定 FBにて告知 https://www.facebook.com/organicawaji/

 

 

 

2016.06.20 Monday

セトレマリーナびわ湖

こんばんは、耕作人です。

 

4月からなぜかバタバタの日々でブログも書けなかったのですが、

少し落ち着いたと言うか、なんというか〜気分転換を兼ねて

久しぶりに遠征してきました。

 

セトレマリーナびわ湖へランチに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母と叔母、妻の4人で行ってきたのですが、若い人に負けないぐらい食べましたよ〜!!

ほんと、美味しかったです。

 

尾方シェフ、安藤さん、宮本さん、スタッフの皆さんごちそうさまでした!!

ありがとうございました。

 

帰りに、ちょっと気になるところへ〜

 

夏休みに向けて工事は急ピッチで進んでいるようでした。。

 

 

 

 

 

 

 

2016.04.21 Thursday

酒粕酵母

こんばんは。耕作人嫁です双葉

今日も冷たい雨のいちにちでした
風は思ったよりも吹かなかったので定植したばかりの苗たちには一安心です

最近おこした酒粕酵母



淡路島の合鴨農法米でできたお酒、若宮の雫の酒粕でおこしてみました
地元酒蔵の都美人さんのお酒です
とても元気でぷくぷく、ぷくぷく
そしてその酵母液で元種を作り




シンプルな丸パンを・・・
手でこねてる時も、焼きあがったときも、口に入れた瞬間も
ほのかな酒粕の良い香りがします
なかなか味わい深いパンができました
しばらく種継ぎして楽しみたいと思います

はじめておじゃまするお家の手土産にもっていかせてもらったら
次の日夢にまででてきた!と美味しかったメールをいただき
またまたやる気満載です
そして、おじゃましたお家の屋根の上からの桜の景色の美しさ・・
あの景色は私の頭の中でまだまだ鮮明に残っています
ちょうどその時に熊本の地震速報がながれました
心を癒してくれる自然の力・・毎日畑でダイレクトに感じていることなのに
ときには猛威をふるうことも
色々と敏感に感じ取っていかなければいけないと思う日々です

ついでに酒粕クラッカーも作りおき
2016.03.10 Thursday

自然から学び感じること

こんばんは、耕作人です。
今日は、寒かったですね〜季節は逆戻りのようですが、畑の野菜達は少しずつちゃんと春を感じ始めています。

ファーベの花もたくさん咲き始めました。

さて、先週久しぶりに『農かふぇ』やりました。
テーマは「自然農法の可能性を考える」


「可能性」は充分あると思います。
志高く新規就農して頑張っている人たちが本当にたくさんいます。
理想が高ければ高いほど、現実とのギャップにみんな苦しんでいます。

たぶん、近い将来堰を切ったように状況は一変するのかもしれません。
新規就農者だけでなく、多くの農家も少なからず現状に疑問を感じています。
消費者も同じです。


日々畑に出て、野菜たちと、草たちと、虫たちと、たくさんのいのちと出会う。
風を、光を、水を、空気を、たくさんの自然の恵みを感じながら、生と向き合う。


生あるものをいただく。
そして、われわれ人間はそのいのちをいただき生かされている。

経済至上主義のこの世の中から、自然を慈しみ、生命の尊厳を守る世の中へと、、、
『自然栽培』が、理想から現実へとあたらしい農業のひとつの形を築く日が来るのでしょうか、


そう、『農で地球は救えるのか!!みんなで地球を救おう!!』なんです。


2月末で研修生のケイくんが1年間の研修を終えて卒業しました。


1年間この畑で見てきたこと、感じたことを忘れずに、新しいフィールドで
自然から学び感じることを大切に!!
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
淡路島西洋野菜園ホームページ
http://awajishima-seiyoyasaien.org/
Links
天気予報
///////////////////////////////////////////
ブログパーツUL5
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM